ホビダス阪急8000系から7000系を作る その2

7000系製作に至る前段の話しです。

当電鉄にはカツミ製8000系が1編成存在し、ホビダス8000系の完成で2編成になりました。

画像


左がホビダス製、右がカツミ製です。
このカツミ製の8000系は、とても出来が良く、8000系の模型の中では1番とだと思います。
ホビダス製も出来は良いと思いまが、前面額縁の彫りの深さが少し浅く残念です。

画像


このプラキット、価格は安い方ではないのですが、もう一度いじってみたく増結用として、たまたま売っていた前面くの字を購入しました。
また、ついついセールで額縁先頭車と中間を入手することとなりました。

画像


しかし、8000系ばかりが増えても仕方がないので、改造し他形式にすることとしました。

過去にレジンで複製した前面からの複製はこんな感じです。

画像


また、過去にその前面を使用して作ったペーパー製7000系です。

画像


ペーパー製も前面はまあまあの出来と思います。側面は手作り感満載ですが・・・。

この側面がホビダス8000系キットを使用することで整い、7000系をして完成することを期待して作業は続きます。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック