ホビダス阪急8000系から7000系を作る

昨年発売と同時に購入したホビダス阪急8000系。約1年かけて8両フル編成が完成しました。
登場時にするか、日生特急にするか悩んだ末、現行の8004F宝塚ゆき急行としました。

気を良くし、最近増結用として前面くの字も購入しました。
これを眺めていると、新たな野望が湧いてき実行することにしました。
野望は、8000系から7000系を作ることです。

側面窓の大きさが異なりますが、当電鉄では走行重視のため、細かいことは気にしません。
過去にペーパーで7000系を製作しましたが、腕が悪く側面窓がそろいません。
その側面窓がそろうだけで十分です。

全面は、昔カツミ6330系前面をレジンで複製した物を使用します。
これを修正し、顔を整えていきます。
幅が京都線と神宝線では異なるのですが、昔複製した前面はレジンが収縮し、程よい大きさになっていました。
これをもとに複製して作ります。

試しに先頭車2両を作ってみました。

画像


画像


さらにパテで修正しながら進めていきます。

7000系らしい顔ではないかもしれませんが、先を急ぎたいので、ここらへんで妥協です。
走行・雰囲気重視ということで、自分では納得です。

塗装後が楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック